2017年06月16日

リトアニア史余談71:略奪と殺戮の十字軍志願者たち/武田 充司

  北方の強力な異教徒の国リトアニアとの対決が本格化すると、優れた軍事力を備えたドイツ騎士団も、衆寡敵せず、戦闘員の数的劣勢に悩まされた。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 武田レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花だより 撮影同行記/齋藤 嘉博

  高橋編集長は2008年以来もう十年、この欄に「花だより」を載せて下さっており、毎月季節の移り変わりと花の名前、由来を楽しませていただいています。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 斎藤さんのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

路面電車 異聞/小林 凱

  齋藤さんのブログは何時も楽しんで拝見して居ます。特に世界各地を旅された経験を軽妙な語り口で述べられるのは、読者も其処へ行った様な気分にさせて呉れます。その中で若し自分も旅した事のある処では、もう一度思い出させて呉れるだけでなく、更に新しい見聞も加わって楽しいものです。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(2) | 小林レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グラーツからウィーンへ/大橋 康隆

  2000年8月20日9時にムーラウ駅を列車で出発して、Unzmarkt駅とBruck an der Mur駅で乗り換え、12時40分にグラーツ駅に到着した。 
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(1) | 大橋レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オールド・ヴィカリジ・ホテル/武田 充司

  イングランド中西部の工業都市ウォーリントン(Warrington)は、近くのマンチェスターなどと同じように、当時は街全体が煤煙で真っ黒にすすけていた。そのウォーリントンの町外れにオールド・ヴィカリジ・ホテルという小さなホテルがあった。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(1) | 武田レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月の花便り/高橋 郁雄

  今回の花便りは、新宿御苑(5月9日に撮影)と大船植物園フラワーセンター(5月12日に撮影)からです。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 季節の花便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

ブログ投稿再開「技術者の英語(続編)」/寺山 進

  本年春季の30会で、偶々高橋郁雄兄と隣になった。雑談途中「又ブログに投稿しないか」と誘われた。体力が低下しただの、目が悪くなっただの、ぐずぐず言ってみたが、敬愛する編集長の依頼は断れない。
  早速何を書こうか考えてみたが、どうも良いテーマが見つからない。そこで今までの自分の投稿を見直してみると「技術者の英語」が浮かんできた。級友諸氏からも、かなり共感のコメントを頂いていたので、その続編から始める事にしたい。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(1) | 寺山レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気ままな人生(26)「2つのアグリ」/小松 凱

  今年に入って2つのアグリに取り組んでいます。
)最初の「アグリ」は、Active Good Life Culture Schoolで、ア・グ・リです。次の「アグリ」は、Agriculture で、農業(家庭菜園)です。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 小松レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リトアニア史余談70:ニェムナス川下流に進出したドイツ騎士団/武田 充司

  リトアニアを南東から西に向かって流れる大河ニェムナスは南方から侵攻してくるドイツ騎士団に対する天然の防衛線であった。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 武田レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

本バカ/武田 充司

  先日の東京30会に出席しようと新橋駅の改札口を出たら、あの機関車の置いてある駅前広場で古本市が開かれていたので、つい引っ掛かって10分ほどうろついてしまった。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 武田レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巨大城塞からムーラウへ/大橋 康隆

  2000年8月18日朝8時20分に列車でクラーゲンフルトを出発し約25分後に巨大城塞ホーホオスターヴィッツ城の遠景が見えてきた。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(1) | 大橋レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月の花便り/高橋 郁雄

  今回の花便りは、すべて大船植物園フラワーセンターからです。4月8日に撮影しました。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 季節の花便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

トラム/齋藤 嘉博

  前稿“路面電車”には諸兄から楽しいコメントを頂きました。子供の頃は誰でも鉄道模型に魅惑されていました。それだけ路面電車には郷愁があるのでしょうか。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(2) | 斎藤さんのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リトアニア史余談69:ドイツ騎士団本部のマリエンブルク移転/武田 充司

  ドイツ騎士団がリトアニア侵攻を本格化させたのは14世紀に入ってからだが、その重要な転機となったのは1309年に彼らの本部がポーランド北部のマリエンブルク(*1)に移転して来たことであった。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 武田レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

春の横浜(東京)30会/齋藤 嘉博

  平年ですと3月30日あたり桜はもう八分咲きといったところでしょうが、今年はまだつぼみも固く。そんな30日に恒例、春の横浜(東京)30会が昨年秋と同じ西新橋の新橋亭で開かれました。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 横浜三〇会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モーニング・ティー/武田 充司

  昔、北イングランドのカンバーランド地方の小さな町で4ヶ月ほど暮らしたことがあった。その町はシースケールといって、名の如くアイリッシュ海に面する海岸にあったが、当時、そこにはホテルはなく、ホテルより格下の古びたインが数軒あるだけだった。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 武田レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルプスを越えてハイリゲンブルートへ/大橋 康隆

  2000年8月15日9時の定期バスで、ツェル・アム・ゼーからアルプスを越えてハイリゲンブルートに向かう予定であった。しかし調査不足で、当日は聖母被昇天祭(Maria Himmelfahrt)の祭日であり、12時に出発となった。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 大橋レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月の花便り/高橋 郁雄

  今回の花便りは、すべて大船植物園フラワーセンターからです。写真はすべて3月10日に撮影したものです。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 季節の花便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

リトアニア史余談68:ヴォリニアとガリチアをめぐる争い/武田 充司

 ヴォリニアとガリチアは現在のウクライナ西部の歴史的地域名である。この地域は、10世紀末に現代ロシアの源流であるリューリク朝キエフ・ルーシのウラジーミル聖公が支配して以来、リューリク朝の末裔によって統治されていた(*1)。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 武田レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

路面電車/齋藤 嘉博

  1月の中旬、薮野先生から「東京新聞にこんな記事を載せました」とメールを頂きました。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(5) | 斎藤さんのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

インスブルックからクフシュタインへ/大橋康隆

  2000年8月12日朝7時にザルツブルクを列車で出発し、3時間半でインスブルックに到着した。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 大橋レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昔のゲーテとシラー/武田 充司

 数年前に「三十年戦争」のことを少し詳しく知りたくなったので、適当な本はないかと調べてみたら、「三十年戦史」(第一部、第二部)という岩波文庫の2巻本を見つけたので、早速、買って読んだ。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 武田レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月の花便り/高橋 郁雄

  今回の花便りは、大船植物園フラワーセンター(2月8日)および新宿御苑(2月17日)からです。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 季節の花便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

漢字/斎藤 嘉博

  高橋兄からコメントを頂きましたが、2月1日付の本稿、野鳥公園に載せました新宿御苑掲載の植物の名は次の通りです。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(2) | 斎藤さんのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気ままな人生(25)「新しい年を迎えて」/小松 凱

  昨年来、隣の別荘?の管理をしていますが、今年は、さらに一歩前進したいと思っています。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 小松レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リトアニア史余談67:ゲディミナス大公のキエフ攻略/武田 充司

 ゲディミナス大公は領土の東方拡大に熱心な戦略家であった。1320年代に入ると間もなく、大軍を率いてリトアニア南方に遠征し、キエフ攻略を目指した。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 武田レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

ザルツブルクと周辺の旅/大橋康隆

 2000年8月10日8時30分にザンクトギルゲンから定期バスに乗り、フシュル湖を右側に眺めて通過して西方へ約1時間走行してザルツブルクに
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 大橋レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野鳥公園/齋藤 嘉博

  諸兄は次の十二の花の名のうちいくつを読むことができるでしょうか?【四手辛夷、あめりか凌霜花、あめりか大木角豆、接骨木、扉、唐種招霊、令法、梔子、南京櫨、梅嫌木、扉、三椏】
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(1) | 斎藤さんのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カモイマツ/武田 充司

  初めて国外に行ったのは、アイゼンハワー政権のICAの給費留学生として、1960年の1月から11月まで、シカゴ郊外にあるアルゴンヌ国立研究所で勉強したときだった。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 武田レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月の花便り/高橋 郁雄

  今月の花便りは、大船植物園フラワーセンター、横浜市こども植物園および向島百花園からです。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 季節の花便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

リトアニア史余談66:ゲディミナス大公のつくったヴィルニュス/武田 充司

  リトアニアの首都ヴィルニュスを訪れた人なら、大聖堂広場から国会議事堂に向かって東西にのびる「ゲディミノ通り」を歩いて、ウインドー・ショッピングを楽しんだりしただろう。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(1) | 武田レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

五重塔/斎藤 嘉博

  京都には四つの五重塔があります。東寺の塔が一番高くて55m。二番目に高いのが八坂の塔。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 斎藤さんのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャフベルク登山鉄道/大橋 康隆

 2000年8月7日早朝にゴーザウ湖から定期バスでバート・イシュルに到着した。早速、小雨の中、オーストリア皇帝の別荘カイザーヴィラを訪れて
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(1) | 大橋レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暮れと正月/武田 充司

  「明けましておめでとう御座います」といっても、これを書いている今はまだ年末だ。しかし、この原稿がブログに出るのは元日だから、こういう出だしにして・・・。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 武田レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12月の花便り/高橋 郁雄

  2017年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしく。健康に留意しお互い頑張りましょう。
  さて、今回の花便りはいつもと同じ、大船植物園フラワーセンターからです。6点すべて12月9日に撮影しました。冬桜とヒマラヤ桜は再掲です。その他は初登場です。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 季節の花便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

リトアニア史余談65:伝説的英雄となったヘルクス・マンタス/武田 充司

  1957年、その当時リトアニアはソヴィエト連邦の一員で、リトアニア・ソヴィエト社会主義共和国と呼ばれていたが、そのリトアニアで「ヘルクス・マンタス」というドラマが発表された。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 武田レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気ままな人生(24)「学生時代の恩返し」/小松 凱

  私は中国・大連で生まれ育って、敗戦で日本に引き揚げたので、極貧の中で苦労した経験があります。(大分の荒城の月の竹田に引き揚げました。)
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(1) | 小松レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

「命の使途」を観て/大橋 康隆

 11月18日に中野にある劇場HOPEで「命の使途」(LAST JOURNEY)を観劇した。主演は元憲兵で96歳になった久松恭介役の高橋ひろしさん(高
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(1) | 大橋レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アスペンとリエパ/武田 充司

  先日、信州の山の中の温泉で数日過ごしてきた。ちょうど紅葉が見ごろで、特に朝夕の山の眺めは格別だった。そのとき思い出したのが、昔、コロラドのボウルダー(Boulder)に2年ほど仕事で生活したときのことだ。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(1) | 武田レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月の花便り/高橋 郁雄

  今月の花便りは、大船植物園フラワーセンター、横浜市こども植物園および向島百花園からです。大船植物園フラワーセンターと横浜市こども植物園へは11月8日に行きました。向島百花園へは11月10日に行きました。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 季節の花便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする