2016年06月16日

リトアニア史余談59:ドイツ騎士団に征服されたプロシャ人/武田 充司

  現在のポーランド北東部からロシア領の飛び地カリーニングラード州にかけてのバルト海東岸の低地地帯に古代から居住していた西バルト族はプロシャ人と呼ばれていたが、彼らは絶滅した幻のバルト族である。彼らを絶滅に追いやったのは13世紀前半に彼らの土地に入植したドイツ騎士団であった。

続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 武田レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする