2019年05月16日

リトアニア史余談88:ヴィタウタスとヘンリー4世/武田 充司

 1390年9月、リトアニアの首都ヴィルニュスの城はヴィタウタスとドイツ騎士団の大軍によって包囲された。このとき、ヴィタウタスは家族全員を人質としてプロシャのドイツ騎士団に預け、ドイツ騎士団とともに、従兄弟のポーランド王にしてリトアニア大公ヨガイラに戦いを挑んだのだった(*1)。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 武田レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近頃思うこと(その42)/沢辺 栄一

  5月になっていよいよ令和の時代に入った。昭和から平成に変わった時には昭和天皇の崩御での移行のため、喪中で大変静かな移行であったが、今回は譲位と即位と言うことで、人々も、メディアも新時代への期待も含め華やかなお祝いムードで移行した。
続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 沢辺レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする