2010年06月01日

ベートーヴェン・チクルス第2回演奏会終了/納所 一晴

 3月11日付けブログでお知らせしましたように、小平市民オーケストラ結成20周年を記念して行っているベートーヴェンの交響曲の連続演奏

(いわゆる「ベートーヴェン・チクルス」)の第2回目の演奏会(第25回定期演奏会)が下記プログラムにより4月11日(日)に開催され、多くの方々のご来場をいただきました。(ご参考までに当日のプログラムの表紙を添付しました)


日時:2010年4月11日  午後2時開演
場所:ルネこだいら(小平市民会館) 大ホール
Image0005(40%).jpg
プログラム表紙

演奏曲目:ベートーヴェン「命名祝日・序曲」作品115
     ベートーヴェン「交響曲第2番・ハ長調」作品36
     ベートーヴェン「交響曲第7番・変ホ長調」作品92
指揮:鈴木 竜哉

 なお、アンコール曲は、2011年秋に演奏予定のベートーヴェンの「交響曲第8番」の第2楽章でした。
 指揮者の鈴木竜哉氏は今回も全曲を暗譜で指揮される熱演で我々団員も一体となって力の入った演奏をすることができました。
 また、今回の演奏会には昨年9月のベートーヴェン・チクルス第1回に続き新田さんが聴きにきてくださいました。この場を借りてお礼を申し添えさせていただきます。

 次のベートーヴェン・チクルス第3回は2011年秋に第26回定期演奏会として「レオノーレ序曲第2番」、「交響曲第8番ヘ長調」、「交響曲第6番ヘ長調『田園』」の演奏を行う予定ですが、その前に、今年年末に通常2年おき毎に開催している恒例の合唱団との合同演奏会が行われます。
 今年の合唱団との合同演奏会は2010年12月19日(日)に「ルネこだいら大ホール」で開催され、曲目はワーグナー:楽劇「ニュルンベルのマイスタージンガー・第1幕への前奏曲」、チャイコフスキー:「幻想序曲・ロメオとジュリエット」および合唱団との共演でドボルザーク:「スターバト・マーテル」(抜粋)の演奏を行います。合唱団との共演の場合は、チケットは発売とほぼ同時に完売となりますので、ご興味のある方は、私までご連絡ください。(団員枠でチケットを優先的に入手できますので)。

 12月の合唱団との合同演奏会の指揮をしてくださるのは柳澤寿男氏で、現在コソヴォ・フィルハーモニー交響楽団主席指揮者、バルカン室内管弦楽団音楽監督をされるかたわら、わが国でも数多くのプロ・オーケストラの指揮者として活躍されている方です。

posted by でんきけい at 01:00| Comment(2) | 納所レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
当日は、素晴らしい演奏を聞かせていただき、有難うございました。中でも、7番は圧巻でした。大変高い評価の批評も書かれていたとのこと、全く同感です。
 音楽の楽しみ方は、聴いて楽しむのもありますが、さらに演奏して人様に聴いてもらえる域に達するのが最高の喜びではないかと思います。(この時は、趣味の域を越しますので相当に辛い努力が必要とされると思いますが。)
 納所さんはこの域に入っていると思いますが、辛い中でも喜びも一層大きいと思いますので、今後とも是非頑張って下さい。  新田
Posted by 新田義雄 at 2010年06月02日 23:59
新田さんには、今回も演奏会にご来場くださった上、暖かいまた大変励みになるコメントを寄せていただき有難うございました。演奏会が終わった後でオーケストラの仲間全員で味わうことのできる何とも言えない達成感が楽しみでこれからも暫くはまだ頑張って続けてみようと思っております。これからも応援よろしくお願いいたします。納所
Posted by 納所 一晴 at 2010年06月04日 21:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。