2011年10月06日

秋の横浜三〇会/太田 堯久

9月30日(金)午後5時から今年2度目の横浜三〇を開催した。
会場は前回(春)と同じ横浜駅東口のスカイビル27Fの横浜クルーズ・クルーズである。横浜三〇会は伊豆大仁温泉での40年会の時に、大曲兄を中心に横浜及びその近隣に在住のメンバーで発足したが、現在では遠方からの参加希望者も加わって総計12名となっている。今回は最初11名(高橋兄のみ欠席)が出席の予定だったが直前に新井兄と大曲兄が都合悪くなり、出席者は9名となった。(写真参照)
横浜三○会20110930.jpg
最初にビールで乾杯した後、焼酎を飲みながら雑談に花を咲かせた。話題は原発事故に関するものが主であったが、超円高とか財政赤字の日本経済にも話題が及んだ。
原発については、日本では今後新設は困難と思われるが、途上国では今後も建設が進み、最大の需要国は中国と思われる。

日本が世界最大の財政赤字で、大震災と原発事故で赤字からの脱却が困難と思われるのに超円高が続く理由は、ドルもユーロも円よりもっと悪いと考えられているからであろう。最も堅調なのは中国の人民元であり、中国の株式に投資しているという人もいたが、中国は信用できないので投資したくないという人もいた。中国の安定が今後どのくらい続くのかについては、我々の生きている間は続くだろうという発言に対して異論は出なかった。

その他小生が面白く感じたメンバーの発言を下記に記す。
 *使用済み核燃料のような重要な物質は地下に埋めて隠すのはおかしい。目の前に置いて監視すべきである。
 *半減期2万年などという核廃棄物は人類にはコントロール不能と思う。
 *中国は古代ローマ帝国の統治様式を見習っている。

午後7時過ぎにお開きとなり次回(来年3月)の再会を約して別れた。
その後寺山兄と小生の二人だけは横浜西口のカラオケ店で1時間ほどカラオケを楽しんだ。
posted by でんきけい at 01:52| Comment(0) | 横浜三〇会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。