2012年04月01日

ゴルフでミニ同窓会/大橋 康隆

3月28日(水)に、森山兄のホームコース、茨城ゴルフ倶楽部でミニ同窓会を行いました。参加者は、森山、小林、山崎、新井の諸兄と私の5名2組であった。斉藤さんが風邪の恢復が長引いたため不参加となったのは残念だった。
スタート前.jpg 
    スタート前


午前中は快晴に恵まれた。午後には天気予報の通り雨や雷が来るかと心配したが、幸い最後まで雨は降らなかった。スコアは別として、全員1ラウンドを無事まわり、足も痙攣せず健闘したと言えよう。寒い冬が長かったので、私は練習する機会も持たず、今年初めてクラブを振り、内心心配であったが、好天に恵まれ無事終了し、ホッとした。

ゴルフ終了後の懇親会は、各自、ブルーベリー入りヨーグルト、クリームあんみつ、ぜんざいなどを注文して、大いに話が盛り上がった。話題の中心はクラス・ブログであり、大曲、高橋、両編集長の日頃の尽力のお蔭で、クラスメートの脳味噌が大いに活性化されたと意見が一致した。
新井兄の「鳴く虫日記」は今後ますます発展するよう期待され、更に天体望遠鏡の話を紹介して欲しいとの要望もあった。山崎兄の「東欧の旅」(ドイツ、チェコ、ポーランドをドライブ旅行)には一同大いに感心した。山崎兄は昨年欧州の音楽ツアーに参加したそうで、今後、ブログにもぜひ紹介して頂きたいと思う。

大曲兄がブログに紹介したビデオ「ハルシュタットの風景」に対して、斉藤、小林の諸兄と私の3名のコメントが入り「我が1955クラスの諸兄は旅好きが多く、世界中を荒らし回っているのではないかと思う。」とご本人が驚いたそうだが、更に新井兄も訪れていたことが判明した。ただし小林兄の「ザルツカンマーグート」を読んで初めてあの地方がそう呼ばれていることを知ったそうだ。小林兄はこの冬に白内障の手術を受けたが、医師の許可が出たので今回参加可能となった。また、京浜東北線を利用して秋葉原経由で筑波エキスプレスの快速電車でアクセスが便利になったことが紹介された。実は、新井兄と私も同様で、帰路は3名共に京浜東北線を利用し、小林兄は品川、私は大井町、新井兄は蒲田で順次下車した。私の場合は、大井町線が溝の口まで乗り入れ、かつ急行が出来たので、秋葉原に45分で行けるようになった。
森山兄には私がパソコンのSSDメモリーについて質問したが、ブログ以上に詳しい説明を頂いた。森山兄が日頃から新技術を素早く習得され、有効に活用されていることに一同感心した。更に森山兄は、ミニ同窓会の前に、別のグループのコンペでドラコンと優勝を獲得したそうだ。「80才以上はレディース・ティーから。」という新ルールのお蔭だと謙遜していたが、我々も色々工夫すれば、このミニ同窓会を更に長く継続できると意を強くした。

次回は、今回欠席した斉藤さんのホームコース、平塚富士見CCで開催することを快諾頂いたので、多くの参加者を期待しています。
posted by でんきけい at 00:18| Comment(2) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
急に不参加となり大変申し訳ありませんでした。5人のプレーというのは幹事さんにとってもっとも困るところ。それと知りながら咳がひどくていけませんでした。おかげでほぼ回復いたしました。森山さんに深くお詫びします。楽しい懇親会話が出たようですね。このブログは若返りになによりの場所です。たくさんの方が投稿されて一層楽しくなればと思っています。次回のゴルフは私が設定いたします。過日昔のアルバムを見ていましたら新井、大橋、林の諸兄と平塚CCで写した写真が見つかりました。私のホールインワンの時、1994年の12月9日のことでした。次回にもこんなことがもう一度あればと思いながら。
Posted by サイトウ at 2012年04月01日 10:25
斉藤さん、
平塚CCの斉藤さんのあの時のホールインワンは今でも目に浮かびます。われわれ(大橋兄、林兄と私)は、あーっあーっボールが入っていく!と見えていたのにご本人には見えていなかったのでしたね。谷越え、6番アイアン、もう18年も昔のこととは・・・
Posted by 新井 彰 at 2012年04月05日 17:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。