2013年11月01日

風車とコスモス/森山 寛美

 本年4月26日号に,柏市「あけぼの山農業公園」と佐倉市「佐倉ふるさと広場」の風車をバックにしたチューリップを紹介しましたが,秋にはそれぞれ100万本と50万本のコスモスが目を楽しませてくれます。オランダ風車には春のチューリップがよく似合いますが,風車バックのコスモスも悪くありません。
 「あけぼの山農業公園」,「佐倉ふるさと広場」ともコスモスの種類はミックスですが,「佐倉ふるさと広場」では花弁が筒状になる「シーシェル」や黄色が映える「キバナコスモス」は見られませんでした。あけぼの山農業公園(80%).jpg佐倉ふるさと広場(80%).jpg
あけぼの山農業公園
佐倉ふるさと広場
 ただ「あけぼの山農業公園」の「シーシェル」は年々減ってきており,今年はほとんど見かけなくなりました。ひとつのシーンに「シーシェル」が映っていますが,これは偶然にキャッチされ編集時に気が付いたものです。また今年は「キバナコスモス」のウエイトが大きくなっています。「あけぼの山農業公園」ではチューリップと同様コスモスも鑑賞のみですが,「佐倉ふるさと広場」では,チューリップの掘り取り販売,コスモスの摘み取り販売が行われています。

 華やかなチューリップは春の,繊細で風に揺れるコスモスは秋の風情そのもので,それぞれビデオには格好の被写体ですが,特に風に揺れるコスモスはビデオ向きのように思います。
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 森山レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。