2013年12月01日

イルミネーション2013 東京ミッドタウンと六本木ヒルズ/森山 寛美

 今回で4度目になりますが、東京ミッドタウンと六本木ヒルズのイルミネーションを撮影しました。

 東京ミッドタウンでは「サンタストリート」と「スターライトガーデン」が昨年と異なりますので、この2点に焦点を当てました。

 「スターライトガーデン」では宇宙をテーマに毎回工夫を凝らしたイルミネーションが披露されますが、今年の売りは「クロスオーバーイルミネーション」です。立体効果を確認するためには若干上から見る必要がありますが、ガーデンと建造物の配置に問題があり、残念ながら全景を一視野に収めることはできません。今回は連絡ブリッジとガーデンサイドの2方向から撮影し適宜編集しました。スターライトガーデン 2013(70%).jpg
スターライトガーデン
2013
 このイルミネーションは4つのシーン、「宇宙の誕生」、「星のまたたき」、「宇宙の広がり」、「星の交差」が約4分の周期で繰り返され、協賛航空会社のページ2種類が交互に出てきます。各シーンの性格が捉えにくく、切れ目がはっきりしませんので、適当に判断してタイトルを入れました。このイルミネーションには背景音楽がついていますが、レベルが十分でなく、また風切音も目立ってS/Nが極端に悪いので、編集時に著作権フリーの音楽を使用しました。


 六本木ヒルズの目玉は、「66プラザのクリスマスツリー」と「けやき坂通りのイルミネーション」です。

 「66プラザのクリスマスツリー」は点灯状態が変化しますが、その周期が約20分と長く、作品とするにはまとまりが悪いでの、変化の大きい部分を抜き出し、さらに5倍速にして約1分15秒に圧縮しました。また、「けやき坂通りのイルミネーション」はこれまで白と青が基調でしたが、今年は毎時0分から10分間赤に切り替えられ変化がついています。66プラーザのクリスマスツリー 2013(80%).jpg
66プラザのクリスマスツリー
2013
 これら2件とも時間に制約があり撮影には長時間を要するので、事前準備と忍耐が必要でした。

posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 森山レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。