2014年05月16日

つくば牡丹園は真っ盛り 2014/森山 寛美

 「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿はゆりの花」は美人を形容する言葉ですが、特に牡丹にはえもいわれぬ色気があります。
今年は、茨城県にある「つくば牡丹園」で2010年以来2回目の撮影をしてきました。天候その他都合あり、若干見頃を過ぎてしまった感があるのは残念でした。
つくば牡丹園2014_1(80%).jpgつくば牡丹園2014_2(80%).jpg
ぼたん1ぼたん2
 つくば牡丹園は、無農薬、酵素農法を目指しており、すり鉢状の高低差のある自然の地形を生かし、550種10,000株の牡丹や215種5,000株の芍薬、80種500株の薔薇が栽培されています。また、日陰にはシャガの群生もあります。花にはそれぞれの趣があり、人によって好き嫌いはあるでしょうが、何といっても牡丹の特徴はその豪華絢爛さにあると思います。

 

posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 森山レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。