2014年07月01日

水郷潮来あやめ祭り 2014 花菖蒲と嫁入り船/森山 寛美

 昨年は千葉県側の「水郷佐原あやめ祭り」を撮影しましたが、今年は茨城県側の「水郷潮来あやめ祭り」の撮影です。
 水郷佐原水生植物園は400種150万株を誇り、水郷潮来も負けず劣らず500種100万株です。「あやめ祭り」には、それぞれ各種イベントが行われ、水郷佐原では「嫁入り船」「佐原囃子の演奏と手踊り」「野点」など、水郷潮来では「嫁入り船」「宵の嫁入り船」「潮来囃子の演奏」「潮来おどり」など多彩です。水郷潮来では期間中ライトアップが行われます。

  水郷佐原ではタイミングよく「佐原囃子の演奏と手踊り」を撮影できましたが、水郷潮来では計画的に「嫁入り船」にスポットを当てました。
 水郷佐原の嫁入り船は水生植物園内の水路で行われるイベントですが、水郷潮来では会場の横を流れる前川を経由して嫁入りが行われ、往時を偲ばせるものです。嫁入り船(70%).jpg前川あやめ園(70%).jpg
嫁入り船前川あやめ園
 佐原と潮来は同じ水郷にあり、あやめをテーマにした祭りが行われているわけですが、佐原の水生植物園では睡蓮や蓮の栽培も行われており、若干学問の匂いがするのに対し、潮来は交通の便もよく、なかば都会化した観光地の感があります。佐原は入園料を取られますが、潮来のあやめ園は会場の「前川あやめ園」をはじめすべて出入り自由です。このためか、前者は比較的管理が行き届いており、後者は咲き終わった花の除去など手入れが十分とは言えないように思いました。
 
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 森山レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。