2014年11月01日

森山さんを悼む/斎藤 嘉博

 森山さんから「今度のゴルフに行くことが出来なくなった」と電話でご連絡を頂いたのは9月18日のことでした。
私は留守をしておりまして、おそらく病院からであった電話を家内が受けましたので、森山さんの声を聴くことはできませんでした。その夜お宅に電話をしましたら、奥様が、「急の発熱で、救急車で総合病院に入院いたしました。原因がまだわからないのです」と心配そうなお話しでした。10月のはじめ、ゴルフの日も近くなってから再度電話を差し上げましたら、奥様は肺炎のようで病院を移しましたとおっしゃっておられました。平塚でのゴルフの際には参加の諸兄も大変心配しておられ、そろそろその後の様子をお尋ねしようかと思っていた矢先に21日、奥様からお電話があって15日に急逝されたと。まさかとびっくりいたしました。

 森山さんはモーリスビデオとしてこのブログにも春は桜、かたくり、夏は花火、秋はバラ、コスモス、そして冬にはクリスマスのイルミネーションなどと毎月のように季節の映像を載せてくださり、テレビはあまり見ない小生ですが、この映像はいつも興味をもって拝見していました。昨年5月に「花の命は短くてと言いますのに、いつもタイミングよく花の盛りを上手に撮られますネエ」とコメントをした折には「ネットで開花状況がアップされているので、それをたよりに。何しろ撮影対象が多いので,常にアンテナを張っている必要があります....」とご返事がありました。という事は大変熱心に、マメにこの稿を作られていたということ。頭が下がります。まだこの先もこうした映像を拝見したかったのですが。

 森山さんのホームコース茨城カントリークラブではあの松林が続く素晴らしいコースで何回か遊ばしていただきました。

 緊急の入院から一月たらずのご逝去で、ご家族の方々のお嘆きも一入であろうと、心からのお悔やみを申し上げ、また森山さんのご冥福をお祈りいたします。
posted by でんきけい at 00:00| Comment(1) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
森山先輩がお亡くなりになった由、6月に日立戸塚のOB会でお元気な姿に接したばかりでしたので大変驚きました。先輩は在学中はアマチュア無線の権威で、下宿にお邪魔したのがお付き合いの始まり。同社では交換機の部品設計等々でレベルの高いご指導を頂き、大変お世話になりました。富士平原ゴルフコースの予約は森山席がフロントの役割を果たしておられ、アトランタに駐在されていた頃は、ストーンマウンテンコースで何度かご一緒させて頂きましたのも忘れられない思い出です。心からお悔やみ申し上げます。
Posted by 白須 宏俊 at 2014年11月10日 10:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。