2015年06月16日

気ままな人生(7)「上達≒省エネ≒効率化」/小松 凱

  いろんな教室、サークルに顔を出していて、一番感じるのは、「大人になればなるほど失敗を恐れて、失敗しないように真面目に取り組んでいるなぁ・・。」ということですね。そのため、頭でブレーキをかけて手足が出ない。
  「それと無駄をしないように・・。」と考え過ぎて、目の前にとらわれて、全体がどんな物なのか、どんな流れなのか考えようとしない。
  素質のある方に、「先生の代理、サポーターをやっては?」と持ち掛けても、「とんでもない・・。」という返事しか戻ってこない。先生の気持ちを理解する絶好の機会なのに、残念です!!
  真面目な人が多いのですが、楽譜が苦手だったり、一生懸命に眺めていますが、どうしても声や指が動かない・・ブレーキがかかる人が多いですね。それよりも音を楽しんで、沢山失敗して、質問して・・音をつかんで欲しい!と思っています。
  最近は、「どうして、ピアノは1オクターブで白鍵が7つ、黒鍵が5つ、合わせて12音なのかなぁ・・・」といった素朴な質問が出るようになりました。心を開くようになったようで、嬉しいです。私も音楽基礎の解説用の書籍やインターネットで検索したりして皆で勉強しています。例えば
     *****************
(1)音部記号と音符の読み方をキーワードにしてインターネットで検索
http://alborada12.web.fc2.com/jidou-onbukigoutoonpunoyomikatapage.html
(2)ドレミの起源
   (@)5度圏(五度圏をキーワードにしてインターネットで検索)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E5%BA%A6%E5%9C%8F
(3)書籍
   (@)音律のはじめはピタゴラス(図解雑学 CDでわかる音楽の科学)ナツメ社 岩宮真一郎著

      ピタゴラス音律→純正律→  ミーントーン  →平均律など。
      図解中心で少しずつつかんでもらっています。
    *****************
   (A)音律と音階の科学 講談社(ブルーバックス) 小方 厚著
      内容は(@)を、もう少し、詳しく解説しています。

真正面からでなく、思わぬ側面から音楽に親しんでもらおうとしています。
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 小松レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。