2015年07月01日

気ままな人生(8):「サポーターを育てる」「布石が大切」/小松 凱

  地元の「カラオケ教室」(シニアクラブに改称)も段々軌道に乗ってきました。会員8名の内、2名をサポータに指名しています。
機器の接続、操作を担当させていますが、いろいろ勉強になると喜んでやってくれています。
  自宅で麻雀のサークルをやっている会員2名には、「さくら」(広報担当)になってもらっています。マイク式カラオは3セットあるので2セットを貸し出して自宅で練習させて?います。自宅で麻雀と合わせて楽しんでいるようです。いずれ、自治会全体のサークルにして楽しんでもらおうと思っています。キーボード(ピアノ?)、ダンスなども併用しながら楽しんでもらいます。

  私は、何といっても家内も協力してくれて?楽しんでいるので助かります。
     **********
 
  先日は、親戚の葬儀の香典返しの品物に「オンステージのマイク式カラオケ」をいただいたので、早速活用しています。
これは、普通のマイク式カラオケとは少し違っていて、
(@)伴奏がメロディーに沿っていて、初心者に分かり易い。歌い易い。
(A)良く歌われる曲には画面に歌詞だけでなく、楽譜も表示され歌い易い。
   部分的に繰り返し練習もできるようになっている。
   歌いながら、楽譜を見ながら、キーボードを叩きながらキーボードの手ほどきをしましょう・・・ ということになっています。
(B)採点方法も歌詞とタイミングがあっているかを1種類。
   音程があっているかを甘い採点と厳しい採点の2種類の 合計3種類ある。
   歌い方の指導、音程のつかみ方、の講義?も内蔵されています。
(C)いくつかのゲームも組み込まれています。
   例えば、五目並べ、ビンゴゲーム、歌合戦など。

   ************

  850曲+アルファ(インターネットからダウンロード)には、演歌の他、唱歌や外国の歌も含まれているので、いずれは合唱団のようなことも考えられます。
  ♯や♭が付くと、極端に馴染めない方が多いのですが、前回(7)の資料やキーボードで頭を使わずに音を楽しむこと、ダンス(例えばマンボなど)で体を使って和らげています。
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 小松レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。