2016年04月01日

3月の花便り/高橋 郁雄

  今月の花便りは、小石川植物園と自宅近辺および川崎市宮前区東有馬からです。
IMG_0875(tori)(50%).jpgIMG_0880(tori)(45%).jpg IMG_0924(tori)(47%).jpg
ウンナンオウバイサクラツツジヒューガミズキ
ウンナンオウバイ(雲南黄梅):3月5日、小石川植物園で撮影しました。
 中国の雲南地方に自生し黄色の花の形がウメ(梅)に似ていることから名付けられた。別名を「雲南素馨(うんなんそけい)」、「黄梅素馨(おうばいそけい)」、「黄梅擬(おうばいもどき)」ともいう。
 花言葉=「優美・明朗」
●サクラツツジ:3月5日、小石川植物園で撮影しました。
 四国以西の九州、沖縄に自生するツツジ。名前のように、サクラの花に似ている。屋久島では「川桜」と呼ばれ、島内全域に生育しているそうです。花言葉は特に無いようです。
●ヒューガミズキ(日向水木):3月18日、自宅近辺で撮影しました。
 日向(宮崎県)に多く植栽されていたという説と、「明智日向守光秀(みつひで)」の所領だった丹波地方(京都北部)の多く植栽されていたという説がある。
 花言葉=「思いやり・信頼・神秘」
IMG_0931(tori)(70%).jpgIMG_0891(tori)(35%).JPGIMG_0903(tori)(65%).jpg
レンギョウハクモクレンハナモモ
●レンギョウ(連翹):3月21日、自宅近辺で撮影しました。
 原産地は中国。新潟県新発田市紫雲寺地区では、レンギョウを町の花として、3万本以上が植えられているそうです。
 花言葉=「希望・叶えられた希望・集中力・期待」等。
●ハクモクレン(白木蓮):3月8日、川崎市宮前区東有馬で撮影しました。
 原産地は中国。英国の王宮植物園園長だった「ジョセフ・バンクス卿」がモクレンを中国から導入した時に、「枝先にユリの花がついている木」と評したことに因んで、白木蓮につけられた花言葉が「気高さ」であるとされています。
 この他の花言葉=「高潔な心・慈悲」等。
 白木蓮の花びらは太陽の光を受けて、南側が膨らむので、花先は北側を指す。蕾の頃は片方(北側)に反り返っている。このことから「磁石の木」と呼ばれることもある。白木蓮に似た花に「こぶし」があるが、白木蓮の方がこぶしよりも少し早く咲く。
 また、白木蓮は開花中、葉っぱを付けないが、こぶしは開花中に、葉っぱを花の下に1枚だけ付ける。花弁は白木蓮は幅広く、厚みがあるが、こぶしの花弁は幅狭く少し薄い。などの違いがある。
●ハナモモ(花桃):3月15日、川崎市宮前区東有馬で撮影しました。
 原産地は中国。花の種類には、色は(赤、ピンク、白)等があり、また、花弁は一重と八重のものがあります。この写真のは(ピンク・八重)のようです。
 花言葉=「気立ての良さ・恋のとりこ・恋の奴隷・あなたに夢中」等。
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 季節の花便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。