2017年09月01日

京都の鈴虫寺のお守りの霊験あらたかでした/新井 彰

  静岡の家の裏庭で毎年自然発生して7月の終わり頃には鳴き始めるカンタンが、今年はどうした訳かこの夏の異常気象のせいか8月も20日過ぎても鳴き始めません。
  4年続けて自然発生して鳴いてくれたのに、今年はとうとう自然発生しなくなってしまったのかとガッカリしていました。ところが、一昨日(8月25日)静岡に行ってみたら鳴いていました、しかも複数匹が元気よく。
  齋藤さんから頂いた京都の鈴虫寺のお守りの霊験あらたかでした!
  
  この録音の、ルルルルル・・・・と鳴き続けているのがカンタンで、間を置いてコロコロ、コロコロと鳴いているのはエンマコオロギで2重奏となっています。
斎藤さんから頂いた鈴虫寺のお守り.JPG
お守り
  よーく聴くと、カネタタキが小さい声で チン、チン、チンと鳴いていて3重奏となっているのですが、聞きとれますか? 録音の前半で、チン、チン、チン(チ、チ、チ)と微かに聞こえると思いますが。
  よく虫が育つようにと雑草を生え放題にしていたら、小さな裏庭がホントに雑草だらけのジャングルになってしまいました。静岡の裏庭.JPG
静岡の裏庭

posted by でんきけい at 00:00| Comment(2) | 新井レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
賑やかに鳴いていますネ。三重奏はちょっと確認しきれませんでしたが二重奏はなかなか。秋を感じます。貴兄ご丹誠の成果でしょう。わが家でもこのところ“野生”の虫がこえを上げています。
Posted by サイトウ at 2017年09月01日 08:56
そろそろ新井さんのブログでカンタンの鳴き声が聞かれる頃だと思っていまいた。最近、夕暮れ時の少し涼しくなった頃を見計らって、近くの公園に行き、補聴器をして静かに虫の音をきくのを楽しみにしています。これも新井さんのカンタンの記事のおかげです。
それにしても、今年の夏は異常だったので虫も
戸惑ったのでしょう。
Posted by 武田充司 at 2017年09月01日 14:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。