2018年04月01日

ガルダ湖からベルガモへ/大橋 康隆

  2001年8月15日朝ヴェローナ駅を8時半に出発して列車で西に向かい、ガルダ湖の南端にあるデセンツァーノ駅に約30分後に到着した。(地図)
  駅に近いホテルにリュックを預けて、急いで港に向かい遊覧船に乗り込んでガルドーネ・リヴィエラに向かった。(写真1)
地図ガルダ湖周辺.jpg
地図 ガルダ湖周辺
写真1ガルダ 湖.jpg写真2ガルドーネリヴィエラ.jpg写真3ガルドーネリヴィエラ.jpg
写真1ガルダ湖写真2ガルドーネリヴィエラ写真3ガルドーネーリヴィエラ
  遊覧船で約2時間、周囲の美しい景色を堪能してガルドーネ・リヴィエラに到着すると、別世界のような別荘やホテルが待ち受けていた。(写真2)(写真3)スイスのレマン湖畔にあるリヴィエラとは異なる趣が印象的であった。昼食後、フルスカ植物園や市立公園を散策してから、再び遊覧船に乗り、約2時間でガルダ湖の南端にある細長い半島のシルミオーネの桟橋に到着した。(写真4)後方に聳えるのは、スカラ家の城塞で、上陸して早速訪れた。
写真4シルミオーネ桟橋.jpg写真5シルミオーネ市街.jpg写真6ローマ時代の遺跡.jpg
写真4シルミオーネ桟橋写真5シルミオーネ市街写真6ローマ時代の柱廊
  城塞の城壁から眺めたガルダ湖の微妙な色彩は、見とれるばかりで、時間の経過を忘れてしまった。城壁から撮影したシルミオーネの市街の一部を(写真5)に示す。城塞から降りて、半島の北部を散策したが、オリーヴの林が広がり、ローマ時代の柱廊(写真6)や鐘楼があり珍しい雰囲気が満ちていた。夕暮れが近くなったので、大急ぎで桟橋に戻り、遊覧船に乗り込み20分でデセンツァーノに到着した。折角デセンツァーノに宿泊したのに、見物する時間が無くなり、止む無く絵葉書を購入して我慢した。その中には素晴らしい景色があり、残念至極である。
写真7サンタゴスティーノ門.jpg写真8ベルガモアルタ遠望.jpg写真9ベルガモ市街.jpg
写真7サンタゴスティーノ門写真8ベルガモアルタ遠望写真9ベルガモ新市街
  8月16日朝デセンツァーノ駅を8時半に出発して列車で北西西に向かい、約1時間半でベルガモ駅に到着した。駅はベルガモ市街の南端にあった。リュックを駅に預けて身軽になり、北上してサンタゴスティーノ門(写真7)からベルガモ・アルタを訪れた。ヴェッキア広場を中心に、ラジョーネ宮、洗礼堂、コッレオーニ礼拝堂、サンタ・マジョーレ教会、大聖堂等がある。ベルガモ・アルタを降りて、新市街から見上げて(写真8)を撮影した。ベルガモ新市街(写真9)を南下して、ベルガモ駅に預けたリュックを背負い、18時に列車で南西西に進み約1時間でミラノ駅に到着し、駅に近いホテルに一泊した。




posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 大橋レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。