2018年10月16日

2018年秋の東京三十会/武田 充司

  毎年、9月30日は、3月30日とともに、恒例の「横浜 / 東京:三十会」の日です。今回は9月30日が日曜日でしたが、級友の皆さんが、前回同様、新橋の新橋亭に集まり、昼の12時から2時まで、再会を祝して旧交を温め、歓談しました。
  今回は、新井、太田、小林、小松、沢辺、高橋、武田、中林、山崎、吉田、の10名の諸兄が参加することになっていたのですが、生憎の台風24号の襲来に祟られ、久しぶりに遠方から参加を予定されていた太田さんが来られなくなり、結局、9名でひとつの円卓を囲んでの歓談となりました。
  皆さん、年齢相応に、それぞれ何らかの健康上の不都合を抱えながらも、この会に出かけて来られるだけあって、それなりに元気で、半年ぶりの再会を喜び、あれこれ四方山話に花を咲かせました。IMG_2622(29%).jpg
  今回の当番幹事の僕は、数日前から台風情報を気にしながら、会の延期も考えて大いに迷っていたのですが、我々昭和30年卒の「三十会」であることから、30日開催にこだわっているうちに判断の機会を逸し、前日の夜になって、太田さんと電話で話をする羽目になってしまいました。それでも、当日は、今にも降りそうな灰色の空ではありましたが、殆ど雨も降らず風もなく、平穏無事に会を終えることができたのは幸いでした。
  なお、当番幹事の僕は写真が苦手で、めったにカメラを持ち歩かないものですから、この日もカメラを忘れてしまい、記念の集合写真は高橋さんの協力で撮ることができました。
以上。
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 東京30会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。