2019年08月01日

7月の花便り/高橋 郁雄

  今回の花便りは、新宿御苑(7月11日)からと、野川公園の自然観察園(7月18日)からです。
IMG_3068(tori)(37%).jpgIMG_3071(tori)(50%).jpgIMG_3073(tori)(40%).jpg
アルストロメリアヤブカンゾウノカンゾウ
アルストロメリア:新宿御苑で撮影しました。彼岸花科の花、別名「百合水仙(ゆりずいせん)」。南アメリカ地方原産、昭和初期の頃に渡来。5~7月、豊富な色合いの花が咲く。花弁の斑点が特徴で目立つ。花持ちがとても長い。切り花としても人気あり。南米インカ地方が原産であることから「インカの百合」とも言われる。(2/18,4/9,8/9,11/19,12/20)の誕生花。
  花言葉=「華奢(きゃしゃ)・やわらかな気配り・幸い・凛々しさ・人の気持ちを引き立てる」。
ヤブカンゾウ:野川公園の自然観察園で撮影しました。別名=「オニカンゾウ」。古くから中国から帰化したそうです。中国ではこの花を見ていると憂いを忘れると言われていて、別名「萱草(わすれぐさ)」とも言われる。内側の雄しべが花弁化して、八重咲きになっています。この花を着物のひもにつけておくと、嫌なことを忘れさせてくれるそうです。
ノカンゾウ:(野萱草)野川公園の自然観察園で撮影しました。この花はこのブログで、2010年・2013年・2016年。2018年に「浜萱草・野萱草・ヘメロカリス・のかんぞう」の名前で紹介済みです。こちらは一重です。ヤブカンゾウから変化したのではないかと言われています。ユリ科の花。
 学名(Hemerocallis furuba var longituba)(ワスレグサ属 茶褐色の 長い管の)。ヘメロカリスはギリシャ語の「Hemera(一日)+callos(美)」が語源、美しい花が一日でしぼむところから。薬効があります。つぼみは解熱、葉と根は利尿に効くそうです。
  花言葉=「宣告・憂いを忘れる・割り切りの早い・気持ちを聞かせて・いつも一緒」。
  
posted by でんきけい at 00:00| Comment(1) | 季節の花便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我が家の近くには、ヤブカンゾウの自生地があります。以前から周辺の住民が保護育成に取り組んでいるため、開花の時期には、広い範囲にわたって咲き乱れています。今年のシーズンも終わりましたが、高橋さんのこの記事をみて、この花の名だけは直ぐに分かりました。
Posted by 武田充司 at 2019年08月01日 11:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。