2020年03月01日

2月の花便り/高橋 郁雄

  今回はすべて大船植物園フラワーセンターからです。2月12日に撮影しました。初登場の花は、「冬知らず」と「サイネリア」です。
IMG_3300(tori).JPGIMG_3305(tori).JPGIMG_3307(tori).JPG
ユキワリイチゲキバナセツブンソウスノードロップ
ユキワリイチゲ(雪割一華):(雪割一花)とも書く。3〜4月に咲く(キンポウゲ科、イチリンソウ属)の花。一華は一茎に一輪の花を咲かせるという意味。雪を割って花を咲かせるという意味は、春先に咲くという意味。花の色は白、紫。この写真は芽が出たばかりの写真のようです。2014年4月1日号に登場の(雪割一華)には色がついています。
  花言葉=「しあわせになる」。
キバナセツブンソウ(黄花節分草):2014年4月1日、2017年3月1日に既に登場しています。今回で3度目です。根に「アコニチン」という有毒物質を含むので要注意。
  花言葉=「微笑み・光輝」。
スノードロップ:別名「松雪草、雪の花」。花言葉=「希望・慰め・楽しい予告」。
IMG_3289(tori).JPGIMG_3312(tori).JPGIMG_3297(tori2).JPG
冬知らずキンカチャサイネリア
冬知らず:別名「ヒメキンセンカ、寒咲きキンセンカ」。地中海沿岸が原産です。鮮やかな黄色の直径1〜2cmの花を咲かせる。真冬でも次々と花を咲かせることから和名(冬知らず)がついた。日がさすと花が開き、夕方には閉じる。
  花言葉=「悲嘆・悲しみに耐える・別れが悲しみ・乙女の美しい姿・用心深い」
キンカチャ(金花茶):大船植物園フラワーセンターの温室内で撮影しました。2019年4月1日に紹介済み。中国の広西省地方原産。椿としては珍しい黄色花。
  花言葉=「円満」。
サイネリア:キク科、ペリカリス属。原産地=北アフリカ、カナリア諸島。別名(シネラリア・フウキギク・フキザクラ)。シネラリアは「死を連想させる」ということで「サイネリア」という名前が一般化した。豊富なカラーバリエーションが特徴。オレンジ色以外はすべての色がある。
  花言葉=「いつも快活・喜び・いつも愉快」。
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 季節の花便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。