2020年10月16日

リトアニア史余談105:両軍の探り合いと駆け引き/武田 充司

 1410年7月初旬、ドルヴェンツァ河畔のクルツェントニク(*1)を目指して北上するリトアニア・ポーランド連合軍の足取りは重かった。彼らは敵の罠にはまることを恐れて進路を慎重に探りながら進んだ。これに対してドイツ騎士団の動きは速かった。
   7月9日、リトアニア・ポーランド連合軍はドイツ騎士団のフリードリヒ・フォン・ヴァレンローデ将軍麾下の部隊が守るリズバルクの城を破壊すると、翌7月10日、ようやくクルツェントニク近郊に達した(*2)。ところが、そのとき既にドイツ騎士団は北上して来るリトアニア・ポーランド連合軍を阻む最後の天然の防衛線であるドルヴェンツァ川の水中に多数の杭を打ち、河岸には火砲を並べて待ち構えていた(*3)。野営地から送り出した偵察隊の報告をうけたヴィタウタスとヨガイラは重臣会議を開き、ここでドルヴェンツァ川を渡ることを諦め、上流に迂回して渡河地点を探すことにした(*4)。

 7月11日、クルツェントニク近くの野営地を離れたリトアニア・ポーランド連合軍はドルヴェンツァ川から離れて東に向かって森の中を進んだが、途中で進路を南東に変えてジャウドヴォ(*5)の近くまで来たところで野営した。このあたりは既にドルヴェンツァ川から東に50kmも離れていたが、まだドイツ騎士団領内で、ジャウドヴォの城にはフリードリヒ・フォン・ヴァレンローデ将軍麾下の部隊が配備されていた。リトアニア・ポーランド連合軍は彼らと戦うことを避け、翌7月12日、野営地を発った(*6)。
   この日、リトアニア・ポーランド連合軍は一転して進路を北にとり、ドルヴェンツァ川に並行して上流に向かって進んだ。しかし、彼らの進路はドルヴェンツァ川からは東に30km以上も離れていた。7月13日、ドイツ騎士団の城のあるドンブルヴノ近くに達したリトアニア・ポーランド連合軍は、そこで野営したが、その夜、リトアニアの兵士たちが密かに野営地を抜け出してドンブルヴノの街を襲って荒らしまわった(*7)。

一方、ドイツ騎士団は偵察部隊を繰り出してリトアニア・ポーランド連合軍の足取りを逐一把握していた。騎士団総長ウルリヒ・フォン・ユンギンゲンは、敵の動きを追うように、全軍を率いてクルツェントニクを離れるとドルヴェンツァ川沿いに15kmほど北上し、そこでドルヴェンツァ川を渡った。そして、ルバヴァ(*8)を経て東に移動し、ドンブルヴノの北東約8kmの地点まできたところで敵を迎え撃つのに適した地形を探して布陣した(*9)。

 7月14日、昨夜ドンブルヴノが襲われて多数の市民が犠牲になったという報せが騎士団総長のもとに届いたが、彼はこの報せに激怒しながらも、シフィエチェに残してきた3千の守備隊を首都マリエンブルクの防衛強化に向かわせる指令を出すとそのまま情勢を静観した。この日は雨で、強風が吹き荒れていた。両軍はじっと睨み合ったまま日が暮れた。

〔蛇足〕
(*1)クルツェントニク(Kurzętnik)については「余談104:ヴィタウタスとヨガイラの陽動作戦」の蛇足(10)参照。ドルヴェンツァ(Drwęca)川は、クラクフの北方約400kmに位置するポーランド北部の都市オストルダ(Ostróda:〔独〕Osterode)辺りに発し、南西に向って流れてドイツ騎士団の重要都市トルン(Toruń)の東郊外でヴィスワ川に合流している。この川の右岸(北西側)がドイツ騎士団領の心臓部で、首都(本部)マリエンブルク(Marienburg:現在のマルボルク〔Malbork〕)はこの川の上流の北西約65kmに位置し、その辺りがこの川とマリエンブルクとの距離が最短になっている。この川の下流部約70kmはポーランドとの国境になっていたが、それより上流は左岸(南東側)もドイツ騎士団領であった。クルツェントニクはオストルダ(前出)の南西約45kmに位置し、この川の中流部左岸(東側)にあった。河岸の小高い丘の上にはドイツ騎士団の城があった。また、クルツェントニクの南東約23kmにあるリズバルク(Lidzbark:〔独〕Lautenburg)と、東南東約45kmにあるジャウドヴォ(Działdowo:〔独〕Soldau)には、それぞれ、国境を守るドイツ騎士団の城があった。
(*2)「余談104:ヴィタウタスとヨガイラの陽動作戦」で述べたように、ナレフ川沿いにリトアニア軍が現れたという報せをうけたとき、ドイツ騎士団総長ウルリヒ・フォン・ユンギンゲンはシフィエチェから機動部隊を発進させているが、この機動部隊の指揮官がフリードリヒ・フォン・ヴァレンローデ将軍で、彼はジャウドヴォとリズバルクに部隊を駐留させて警戒していた。したがって、リトアニア・ポーランド連合軍は彼らが守るリズバルクを攻撃し、進路を確保してクルツェントニクに向った。こうしたことがリトアニア・ポーランンド連合軍の足取りを重くしていた。
(*3)ここに配備された守備隊は早くから敵の北上に備えて防禦柵の設置などをしていたものと思われる。
(*4)彼らはドイツ騎士団のクルツェントニクの城から少し離れたところに野営して敵情偵察を試みたのだが、城の守備隊のほかに、川の対岸には既にドイツ騎士団の大軍が到着していることを知ったため、ここで敵前渡河を強行することは危険と判断したのだ。しかし、偵察部隊は密かに渡河して敵の本陣も偵察し、帰路、茂みの中に隠してあった敵の馬を50頭ほど盗んで戻ってきたという。なお、このとき、ヨガイラはハンガリー王の使者を介してドイツ騎士団と何らかの交渉を行ったと言われている。
(*5)ジャウドヴォ(Działdowo)の位置は蛇足(1)で説明したが、リトアニア・ポーランド連合軍がこのようにドルヴェンツァ川から遠く東に離れた地域を彷徨っていたのは追尾してくる敵を惑わせるためであったのだろう。
(*6)このときも、野営地を発つ日にヨガイラはハンガリーの使者と会っているのだが、クルツェントニク近くで野営した時と同様に、この使者が執拗にドイツ騎士団との戦争回避を迫ったのではなかろうか。ハンガリー王ジギスムントはニコポリス十字軍の失敗などからオスマン勢力の進出を恐れ、キリスト教陣営の結束を乱す身内の争いを止めさせたかったのだろう。
(*7)ドンブルヴノ(Dąbrówno)はオストルダ(前出)の南々東約40kmに位置する双子の湖の間にある町だが、そこにはドイツ騎士団の城ギルゲンブルク(Gilgenburg)があった。このときまで敵を避けながらひたすら移動するだけで一向に戦いが始まらないことに苛立っていた兵士が、こうした行動に出たのであろう。
(*8)ルバヴァ(Lubawa:〔独〕Löbau)はオストルダ(前出)の南西約27kmに位置し、ドルヴェンツァ川からは東に7〜8km離れている。
(*9)結局、ドイツ騎士団はリトアニア・ポーランド連合軍の行動を読んで先回りをして、敵がマリエンブルクを目指してドルヴェンツァ川の上流を渡る前に、敵の行く手を阻むような地点に布陣して待ち構えたのだ。
(2020年10月 記)
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 武田レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。