2020年11月01日

ジュネーブからパリへ/大橋 康隆

  1998年7月25日朝、登山電車でグリオン駅を出発し、モントルー駅(Montreux)に7時55分に到着した。ここで急行列車に乗り換え、モントルー駅を8時10分に出発して西に進みジュネーヴ駅(Geneve)に9時20分に到着した。
  途中でローザンヌ駅(Lausanne)を通過するとき、昔を思い出した。 C.U光デバイス開発部長から、A主任の教育のため海外出張に同行させてほしいと提案され、快諾した。アムステルダムで開催された国際学会終了後、ジュネーヴで開催されたTELECOM の展示会に説明員として出席した。ローザンヌ駅近くの小さなホテルに宿泊した。翌朝から50分早起きして列車でジュネーヴまで通勤した。
地図ジュネーヴ周辺.jpg
地図
ジュネーブ周辺
  朝日に輝くレマン湖と湖畔の斜面に連なる葡萄畑を見ながら、至福の時を数日間楽しんだ。名優チャップリンが当地で晩年を過ごした気持ちが良く分かる。スイスは安全だが、暗くなると危ない。展示会が終わると早々にローザンヌに帰り、夕食後、私の部屋で教育が始まった。持参した珍しい写真を見せながら、私自身の発展途上国出張時の苦労話や先輩達の涙ぐましい体験の一端を紹介した。
写真1ITU.jpg
写真:ITU
写真2花時計.jpg
写真2:花時計
写真3大噴水.jpg
写真3:大噴水
  ジュネーヴでは、先ず懐かしいITUを訪れた。(写真1)次にイギリス公園を訪れ、花時計(写真2)や、レマン湖の大噴水(写真3)を撮影した。更にジュネーヴ大学を訪れ、「宗教改革記念碑」を撮影した。(写真4)ジュネーヴ駅を13時46分に出発して東方に進み、バーゼル駅(Basel)に16時38分に到着し、列車を乗り換え、16時55分に出発して北上し、ストラスブール駅に18時11分に到着した。2週間振りに駅前のホテルに戻り、預けたスーツケースの荷物を詰め替えた。
写真4石像.jpg
写真4:宗教改革記念碑
写真5エッフェル塔.jpg
写真5:エッフェル塔
写真6パリ市街.jpg
写真6:パリ市街
  7月26日朝、ストラスブール空港を8時30分に出発して西方に飛び、パリのドゴール空港(Charles・de・Gaulle)に9時30分に到着した。凱旋門近くのホテルに荷物を預け、凱旋門の屋根に登り、エッフェル塔(写真5)や、パリ市街(写真6)を撮影した。左上にモンマルトルの丘に建つサクレクール聖堂が見える。続いてサクレクール聖堂を訪れ(写真7)を撮影した。
写真7モンマルトル.jpg
写真7:サクレクール聖堂
写真8古本屋.jpg
写真8:古本屋

写真9.jpg
写真9
リュクサンブール公園
  さらに、映画で有名な「北ホテル」を訪れ、ルイ・ジューヴェ(Louis Jouvet)やアルレッティ(Arletty)の名演技を偲んだ。クラスブログ2013年01月11日「北ホテル」を参照して頂ければ幸いです。再びパリの中心街に戻り、ノートルダム寺院(Notre・Dame)を背景にした古本屋(写真8)を撮影した。さらに足を延ばしてリュクサンブール公園(Jardin・du・Luxembourg)を訪れた。(写真9)7月27日朝、パリのドゴール空港を13時30分に出発し、成田空港に7月28日8時10分に到着した。
posted by でんきけい at 00:00| Comment(1) | 大橋レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大橋さんの旅行記、懐かしく拝見しました。私がスイスを訪れたのは1967,68年で半世紀余り前ですが、美しい写真が記憶を呼び起こして呉れました。Geneveは68/03で宿がHotel de la Paix、レマン湖もすぐ前で噴水が懐かしい景色です。私は幾つかの都市を断片的に訪れただけですが、これを一連のストーリーにして下さり私も旅した気分です。
 今回はご帰国で何かGrand Tourを拝見した様な感じです。ご苦労様とまたのレポートを待って居ます。
Posted by 小林凱 at 2020年11月03日 15:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。