2021年01月01日

12月の花便り/高橋 郁雄

  令和3年、明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。昨年来コロナ感染拡大が続いています。今年こそ終息に向かってほしいと念じています。
  今回もコロナが怖いので遠出は避けて、自宅近辺と東高根森林公園からです。
nerine3.JPGkanboke1.JPGtuwabuki1.JPG
ダイヤモンドリリー
カンボケ(寒木瓜)つわぶき(石蕗)
ダイヤモンドリリー:(別名:ネリネ):12月13日に、我が家の近所を散歩の途中で撮影しました。彼岸花科の花。彼岸花に似たピンク色の花を咲かせるが、開花は彼岸花より2か月ほど後。
  花びらに光が当たると宝石のようにきれいに輝くことから「ダイヤモンドリリー」。
  花言葉=「華やか・また会う日を楽しみに・箱入り娘・幸せな思い出・輝き・忍耐・かわいい」。
カンボケ(寒木瓜):12月13日に、我が家の近所を散歩の途中で撮影しました。木瓜の開花時期は(11/25~翌4/15頃)、11月頃から咲きだす花は、春に開花するものと区別するために「寒木瓜」と呼ばれるそうです。
  中国原産。花言葉=「平凡・退屈・早熟・熱情」。2月9日の誕生花。
つわぶき(石蕗):12月8日に、東高根森林公園で撮影しました。本ブログでは6度目の登場です。花の少ない12月では貴重な花ですね。
  名前は、葉が蕗(ふき)の葉に似ていて、"つや"があることから(つやぶき)、それが変化して(つわぶき)になったと言われる。茎葉に薬効(やけど、胃もたれ)があるという。生薬名は「たくご」と言うらしい。
  花言葉=「謙譲・謙遜・愛よ甦れ・困難に負けない・先見の明」。

posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 季節の花便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。