2010年01月01日

たんけん広場/斎藤 嘉博

 明けましておめでとうございます。
 今年も正月3日から博物館へ参ります。この時期、博物館2階の「身近な科学」のフロア(たんけん広場)は大勢の子供たちで賑わっています。続きを読む
posted by でんきけい at 01:30| Comment(0) | 斎藤さんのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

カーボンナノチューブ/斎藤 嘉博

 先月ご報告した天文展示の隣に原子、分子を知るための展示スペースがあります。そこにある黒鉛とダイヤモンドの分子結晶模型。続きを読む
posted by でんきけい at 00:30| Comment(4) | 斎藤さんのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

天文対話/斎藤 嘉博

「ここに太陽系銀河団とそれに一番近い銀河団、アンドロメダの展示があるだろ」「ハイ」
「その距離は230万光年と書いてあるけど、230万光年ってどのくらいの距離かネ?」続きを読む
posted by でんきけい at 01:30| Comment(0) | 斎藤さんのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

ジャイアントケルプ/斎藤 嘉博

科学博物館、地球館の1階を入って直ぐ右手、やや薄暗いそしてひんやりとするこの部屋は海中をイメージしたもので、頭上にはクロマグロ、カツオ、マアジ、スルメイカなどが泳いで、いや吊られています。続きを読む
posted by でんきけい at 03:09| Comment(1) | 斎藤さんのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

夏休みの科博/斎藤 嘉博

 夏は昆虫の季節。子供たちの関心も宿題との関連で恐竜から虫へとシフトします。続きを読む
posted by でんきけい at 02:26| Comment(0) | 斎藤さんのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

零戦の残したもの/斎藤 嘉博

スミソニアン博物館群の中でも一際大きな宇宙航空博物館のギャラリー205に“零戦”の展示があります。続きを読む
posted by でんきけい at 01:31| Comment(3) | 斎藤さんのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

タイガー計算機/斎藤 嘉博

 地球館2階の一角に様々なコンピューターの展示があります。続きを読む
posted by でんきけい at 02:00| Comment(0) | 斎藤さんのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

日本オオカミの絶滅/斎藤 嘉博

 地球館の3階に展示された大型動物の剥製の中に、やや寂しげな表情の日本オオカミがあります。続きを読む
posted by でんきけい at 02:00| Comment(2) | 斎藤さんのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

恐竜(肉食と草食と)/斎藤 嘉博

 ガイドツアーに参加しようとする子供たちに「何が一番見たい?」と尋ねると8割ほどは躊躇なく「恐竜」と返事をします。続きを読む
posted by でんきけい at 02:00| Comment(2) | 斎藤さんのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

蘭学事始/斎藤 嘉博

過日寺山さんが寄稿された「四苦八苦の技術屋英語(上・下)」面白く拝見しました。続きを読む
posted by でんきけい at 01:33| Comment(5) | 斎藤さんのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

クジラにひげ?/斎藤 嘉博

 地球館の一階を入って直ぐの部屋、上を見上げると三千万円のクロマグロから小さいマアジまで様々な魚が泳いでいます。続きを読む
posted by でんきけい at 03:33| Comment(0) | 斎藤さんのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

かたちさまざまな牛の角/斎藤 嘉博

 今年も丑を描いたたくさんの年賀状をいただきました。牛と言えば農耕牛、天神様の乗り物、そして松坂牛やホルスタイン。そうした家畜としての牛は身近な存在ですが、牛科の仲間は羊、山羊それにアンテロープなど意外に幅広いのです。続きを読む
posted by でんきけい at 01:00| Comment(3) | 斎藤さんのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

ものづくりの達人と遊ぶお正月/斎藤 嘉博

 今年も正月3日から上野に出て子供たちと一緒に“桐のペン皿”を作るイベントに参加しました。続きを読む
posted by でんきけい at 01:00| Comment(0) | 斎藤さんのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

トナカイ/斎藤 嘉博

 地球館を3階に上がると日本オオカミ、一コブ駱駝、バイソンなど大型動物のとても立派な剥製が並んでいます。続きを読む
posted by でんきけい at 02:00| Comment(0) | 斎藤さんのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

ルーシーのつぶやき/斎藤嘉博

 地球館の地下二階に40億年前の片麻岩や隕石、アンモナイトや三葉虫の化石など地球46億年の歴史を示す様々な展示がひろがっていて、気の遠くなるような長い時間の足跡が我々を地球草創期のロマンに誘ってくれます。続きを読む
posted by でんきけい at 00:05| Comment(3) | 斎藤さんのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

万年時計のからくり/斎藤 嘉博

 東の空が白んで日本橋本石町の鐘が鳴る明け六つで仕事に出かけ、日ガ暮れて一番星が見えると暮れ六つの鐘が鳴って家に帰る。続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(3) | 斎藤さんのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

博物館の展示に質問を/斉藤 嘉博

 7月28日に掲載された私の「エアトン先生」について、武田さんから「上野の科学博物館は小さ過ぎて恥ずかしい、スミソニアンの10倍位のを百年計画で作って」とコメントがありました。私も全く同感です。続きを読む
posted by でんきけい at 01:52| Comment(2) | 斎藤さんのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

すばる/斉藤 嘉博

前回につづいてもう一つ科学博物館の話題を提供しましょう。地球館の地下3階に降りていくとガリレオ・ガリレイが今から400年前に作った屈折型の望遠鏡(レプリカ)が置いてあります。続きを読む
posted by でんきけい at 00:00| Comment(0) | 斎藤さんのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

エアトン先生/斎藤 嘉博

 大曲さんのご尽力で私たちのクラスもこうした欄を持つことができるようになりました。その最初の回に投稿のご指名を頂いたのは   続きを読む
posted by でんきけい at 02:25| Comment(3) | 斎藤さんのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする